人生七転びしっぱなし(生きていくって辛いことだらけ編)


クレジット
(姉妹サイト)/ 外食産業の裏側 / 外食サイト集 / サラ金リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広告


クレジット

クレジット
(姉妹サイト)/ 外食産業の裏側 / 外食サイト集 / サラ金リンク集


あくまでも個人的見解である。

人様の職業を大変じゃないように思うことは多々ある。
口に出してその職業に就いている人に面と向かって言った事はもちろんない。


でも。。。

公立の小中高学校の美術教師は楽に思えてならない。



小中高と美術の授業を受けてきたが、何かを教えてもらった記憶がほとんどない。

ただ、課題と教材を与えられ、好きに作品を作っただけで、それに対しての具体的な技術指導や批評もほとんど受けてこなかった。


その間、美術教師は奥の控え室みたいなところや教壇にある自分の席でなにかやっているのことが多く、たまにちょろっと見回ってちょこっと手直しをしたりするこもあるが、そんなこともほとんどなかったように思う。


ほとんど自習状態だったような気がする。



もちろん、美術教師も美術を教えるだけでなく、生徒指導や行事の準備、進路指導、部活指導と雑務も多いだろう。



でも、美術を教えるという労力はあまりにも小さいような気がしてならない。

たまたま、私を教えてきた歴代の美術教師の授業がそうだっただけかもしれないが。。。


もちろん、放置状態とはいえ、専門職であるので美大を卒業した教員資格のある人間が教壇にいるべきだと思う。


その辺の絵の下手な兄ちゃんに監視役をさせることには反対であるが、美大で学んだ知識を我々にはほとんど還元してくれてないような気がしてならない



仮にオフィス街でコピー機を飛び込みで売り込む営業と公立の美術教師の二者択一で、どちらを30年以上働けたいか?と問われたなら、私は美術教師を絶対、選ぶ。




広告


クレジット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boroboro179.blog17.fc2.com/tb.php/76-9d0abc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。