人生七転びしっぱなし(生きていくって辛いことだらけ編)


クレジット
(姉妹サイト)/ 外食産業の裏側 / 外食サイト集 / サラ金リンク集

自宅から近い市の図書館に行った。

受付は60手前のメガネをかけたねずみ男に似た貧相なおじさんだった。

そこに学校帰りと思われるランドセルを背負った小学2~3年生くらいの子供が3人、登場した。
彼らは俺の横の受付で用を済ませるとダッシュで図書館を出て行った。
その際、その中の一人がおじさんに向かって、叫んだ。

「ねずみ男、じゃあね!」


広告



10歳になったかどうかのガキが60手前の男性をからかったのである。

男性は一瞬、ムっとなったが、「いつものことだよ」といいたげな感じの表情になって、
黙々と作業を行った。



その後、中学生2人が入ってきた。
なぜ、中学生だとわかったかというと制服を着ていて、背格好や顔だちなどがあきらかに中学1年生くらいだったからだ。
1人は背の高い気の弱そうな少年で、もう1人が性格的に難しそうな感じの背の低い少年だった。

難しそうな感じの少年が気の弱そうな少年に付き添う形で図書館に来たようだった。

難しそうな少年は気の弱い少年にこう言った。
「なんで、俺もこなくちゃならないんだよ。忙しいんだから早くしてくれよな」
気の弱い少年は無言であるが、慌てた素振りをしていた。
その後も難しい少年は文句を言い続けた。


嫌ならついて来なければいい

気の弱い少年も友達を選ぶべきである



と思いつつも、大人社会だって似たようなもんだなと思った。

オフィスビルの近くの食事処のランチ時をみれば一目瞭然である。
休み時間だというのに金魚の糞のようにくっつきあって飯を食っている大人だらけである。
休み時間くらい1人で過ごせないのかよ!と言いたいところであるが、
グループに依存したい症候群の人間の方が多いことは誰でも知っていることだろう。
学生時代だって休み時間に一緒にトイレに行く奴が多いことを考えると群れたがりの奴らが多い世の中なんだから、
この中学生の2人は日本の象徴みたいなもんだなと変に納得した。

ただ、こいつらの親がみたらどう思うだろうか?
否、こいつらの親たちだって似たようなもんかもしれないな・・・

クレジット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boroboro179.blog17.fc2.com/tb.php/27-c4921d65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック