人生七転びしっぱなし(生きていくって辛いことだらけ編)


クレジット
(姉妹サイト)/ 外食産業の裏側 / 外食サイト集 / サラ金リンク集


ツタヤにいたらずーっと、西野カナの曲が流れていた。

ずっとである。

どうやらベスト盤の発売のためのプロモーションみたいである。



もちろん、西野カナのCDは一枚も持っていないが、驚くことに流れていた曲は一度は聴いたことのある曲ばかりであった。


おそるべし西野カナ


以前、英国ロックの兄貴的存在のポールウェラーが若いロックバンドの連中がボーイミーツガールみたいな
ことばかりを歌詞にしてるので、もっとニュースをみて新聞を読んで世界で起きていることに目を向けて、
歌詞にして批判すべきだとみたいなことを言っていた。

西野カナの歌詞は基本的に恋と友達みないなミニマムで身近なことばかりを歌っている。

社会批判とか皆無に等しい。

でも、それでいいじゃないかなとも思う。

ポップソングなんてそれでいいと思う。


10代の頃なんて、恋と友情にまみれて、泣いたり笑ったり怒ったりしてればいいじゃん。


大人になれば、嫌な現実が待ってるんだから。



広告


クレジット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boroboro179.blog17.fc2.com/tb.php/259-ad31a0c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック