人生七転びしっぱなし(生きていくって辛いことだらけ編)


クレジット
(姉妹サイト)/ 外食産業の裏側 / 外食サイト集 / サラ金リンク集



秋葉原駅のエスカレーターで夜の9時頃、高校の同級生だった女の子とすれ違った。

僕が高校2年の頃のクラスメイトで、多分、クラスで一番可愛かった女の子だ。
恋愛感情は個人的には別になかったけど、クラスで一番可愛かったと思う。

野球部の隣のクラスの奴と付き合っていた。


高校の2年の夏に僕は隣のクラスの陸上部の奴の紹介で女子校の女の子と花火をみた。

それである駅で花火をみた後、ある駅をその子と歩いているとそのクラスで一番可愛い女の子は金髪のちょっと年上の男のバイクの後ろにまたがって走り去っていく
ところをちょうど、僕は目撃した。

彼女と目が合い、彼女も僕にみられたのを認識した。

夏休みが明けて、彼女は僕にあれはバイトの先輩でただ送ってもらっただけだと僕に言い訳をした。

僕が噂を立てて彼氏にバレるのが嫌だったのかもしれない。

そんな彼女を高校を卒業して以来の秋葉原での再開だった。

エスカレーターで降りていく彼女は僕の方をみていた。
やはり、僕に気付いている様子だった。

当時、クラスで仲のよかった背の低い友人が彼女のことを好きだった。

そいつは凄くいい奴だった。


人生の中でいろんな、人とすれ違っていくものだ。。。




広告


クレジット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boroboro179.blog17.fc2.com/tb.php/215-020a6fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック