人生七転びしっぱなし(生きていくって辛いことだらけ編)


クレジット
(姉妹サイト)/ 外食産業の裏側 / 外食サイト集 / サラ金リンク集

中3のころ、同級生の母親が新聞配達をしていることが発覚した。
発覚した理由はその同級生と彼の母親の顔がそっくりすぎたからだ。

おそらく、1000人くらいの中に紛れていても親子だとばれるくらいにそっくりである。

僕も何度か、彼の母親が自転車で配達している姿を見たことがあるが、化粧もせず、真っ黒に日焼けして、大変そうだなぁと思ったものだ。


発覚してから、彼はそのことをからかわれたりしていた。


広告

たとえば、授業中に「新聞を読むように」みたいなことを教師が言うと、それについてクラスのろくでもない奴が、
彼の母親が新聞配達をしていることをからかう発言をする。
そしたら、クラスの半数以上の奴らが呼応して笑う。

ひどい時は「おまえん家って貧乏なの?」とか、
「おまえの母ちゃん、必死の形相で自転車こいでたぞ」とかからかわれていた。

彼の家が貧乏かどうかは僕は知らないし、当時の彼の家庭環境がどうなのかも知らない。
今思えば、父親がリストラされたとか病気になって収入が一時的に途絶えたとか何か不幸があったのかもしれないが、当時は僕は単なる傍観者に過ぎなかった。

彼はからかわれている時、常に黙っていた。
もともと、口数の少ない奴だった。
僕は中3のころに一緒だっただけだが、会話をした記憶がない。


まぁ、そんなこんなで彼は中学を卒業して公立の少し良い程度の高校に進学した。
中堅の私立大学に浪人して進学する奴が比較的多いような高校だった。

その後も彼と出会うことはなかったが、彼の母親が新聞配達をしている姿はたびたびみた。
中学時代とかわらず、化粧もせず、必死に自転車をこいでいた。

その後、噂では彼はある名門文系私立大学の法学部に現役で進学し、
金融系の企業に入社し、エリートサラリーマンの道を歩んでいるらしい。

ちなみにクラスで彼によく、「おまえん家って貧乏なの?」とからかっていた奴は、定時制高校に進学し、中退した。そいつがフラフラしている頃にバスでバッタリと出会った。
その頃、僕は大学生だった。

そいつは「大学生だっけ?オレ、プー太郎。」と、きいていないのに僕に言ってきた。
バスの後部座席で、変なパーマをかけたプー太郎は、自信満々に彼を馬鹿にしていた頃の面影はなかった。

その後のそいつが何をしているのかはわからないが、彼よりそいつの方が貧乏だろう・・・

クレジット
コメント
この記事へのコメント
でしょうね。そのお母さんが新聞配達をしてたって人はその後、悔しさをバネにしてきっと努力したのだと思います。
2008/09/26(金) 23:55 | URL | ユウ #-[ 編集]
そうでしょうね。
かなり、がんばったんでしょうね

2008/09/27(土) 13:14 | URL | 管理人 #-[ 編集]
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
2008/09/30(火) 09:31 | URL | サトシ #-[ 編集]
応援、ありっす
2008/10/05(日) 18:20 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://boroboro179.blog17.fc2.com/tb.php/39-98712129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック